国内初のMBAスクール 慶応義塾大学大学院経営管理研究科

最近、日本企業のグローバル化に伴い、経営学の修士課程を修了すると寄与される学位であるMBAへの注目が国内で高まっています。MBAとは、Master of Business Administrationの略で、日本語では経営学修士と呼ばれます。かつては、MBAは欧米に留学をしないと取得できない学位でしたが、バブルの崩壊を経て、日本国内のビジネス環境が大きく変化し、日本国内でもMBAを取得できる国内MBAスクールが急速に増えていきました。

現在は数多く存在する国内MBAスクールですが、慶應義塾大学大学院経営管理研究科(別称:慶応義塾大学ビジネス・スクール)は、1978年に日本で初めての二年制の大学院MBAコースを設立した、歴史のある国内MBAスクールです。知名度があり、企業からも高く評価をされていて、2014年の「通ってみたい国内MBA大学院ランキング」では、東日本の部で3年連続の首位を保っているという圧倒的な人気を誇っています。

慶應義塾大学大学院経営管理研究科の特色は、授業の3分の2に「ケースメソッド」を導入している点であり、現実の経営活動をケースに、個人研究やディスカッションを通して解決策を導くという、実践的で創造的な授業を行います。

さらに、慶應義塾大学大学院経営管理研究科は、2000年4月に、国際的な第三者評価機関である米国の認証機関AACSBから正式なMBAスクールとして国内で初めて認可され、2011年4月には、ベルギーの認証機関EFMDの発行する認証EQUISを国内で唯一取得している点も大きな特長です。

国内MBAスクールの草分け的存在で人気も不動の慶應義塾大学大学院経営管理研究科は、MBAを取得するのに最もお勧めできる国内MBAスクールかと思います。

最新記事